inoue souta

非行

親を許してしまう子どもたち

母に分かってほしいと期待するのではなく、母を、一人の女性として受け入れ、母は母、自分は自分、という生き方に目を向けることが大切
養育

施設生活をする子どもの胸にしみる作文 ~文集より~

家族と離され施設生活を強いられた少女の心にしみる作文。私のこと家族の一人として見てくれているのかな、というくだりが心に突き刺さる。
非行

子どもの性の非行が増えている

子どもの性の非行の背景にある被害を知り、偏見なく本人を理解し、本人が本人自身について知り、問題行動について学び考えるということが大切。
非行

しつけの暴力をやめたら、子の非行は止まるか

父は、しつけとはいえ暴力は間違っていることを認め、暴力をやめた。だが、子の問題行動は収まらず、エスカレートしていった。
非行

知的障害と非行少年

軽度の知的障害の場合、出来ないことや理解できないことを、怠け、ふざけ、或いは注意不足と誤解されやすい。
非行

中学生でも一緒に取り組んでやることが大切

人はポジティブな気持ちを共有できた人に安心感が生まれます。そう感じさせてくれる人が、特別な人となり、その人のいうことには耳を傾けるのです。
非行

非行の原因は2つ、でも難しいのは2つの掛け合わせ

非行の原因は2つですが、難しいのはこの2つの掛け合わせ。その原因と対処法について詳しく解説します。
養育

きちんと叱られたことのない子どもたち

叱られたことのない子どもたちが増えている現状から、日本国としての養育観を、教育観の大切さを考える。
非行

反抗しても、子どもは親に気を遣っている

子どもが親に本当のことを言えず、対立をあきらめてしまうことは多い。親は、反抗しても子どもは親に気を遣ってることに気づく必要がある。
愛着の修復

本の紹介

子育てにおける、非行と愛着の関係性について、非常に深い理解と具体的な解決方法を解説している本を紹介します。